pika-pika-hamigakiのブログ

2017年歯列矯正スタート。オーラルケアや趣味のミニカーや読書についても。

より読みやすくするために

見やすさと情報量はトレードオフ

一日一回の更新を心掛けているナルディです。

 

ブログそのものは過去にも数度作ったことがあるのですが

どれも関心の対象についてただ書き残したいと思っていただけで

発見してくれた人がどう受け止めているかは想像してもいませんでした。

 

私としては文章の推敲はしっかり行い、また貼り付ける画像についても

慎重に選択したうえで、軽くフィルターを通すなどして見映えには

気を使っていたつもりです。

 

 

久々に登録した新ブログでは読んでくれた人の役に立つことを

1ページ内に一言でも、( いや一言だけにしようか…)

記していくというテーマを初めて持っています。

 

 

とは言うものの書き進めていくうちに悩みが生じてきました。

それは好きで書いていた時には気付いてなかった点なのです。

 

 

筆がのるほどに読みにくくなっていく…

 

できるだけ文字数は少なく、短時間で読者の生活上のヒントになる

アイテムや言葉をと書き進めていくのですが出来上がったページは

どうにもパッパッと読んでいく気持ちにならない?

 

 

まだ文字数が多いのか?あまり縦に長いページ構成も面倒だ。

たった一つの記事に時間を取らせるのは申し訳ない。

 

 

 改めて私が読みやすいと思っていたページを再チェックしてみます。

そして簡単ながらも見逃しがちなあることを発見しました。

 

 

1回のスクロールで動くページの移動量と文字量を合わせる

 

貴方が情報収集目的でここへアクセスした場合は恐らくさっさと

マウスや指で画面をスクロールさせていると思います

(逆にじっくり調べたいと思う時はゆっくりスクロールさせているはずです)。

 

 

その「さっさ」のコンマ何秒でしょうね、の時間内に目と頭に入る文字数に

抑えればページは縦に長くとも読みにくいと判断しないのです。

 

 

その記事が読みやすいか読みにくいかは、スクロールのスピードやリズムと

合っているかどうかなのです。文字数ではないのです。

ここに気付いて私は変更点として、「行間を空けるなら二行分空けてみる」

を採用してみました。

 

 

どんな私のブログはどんな印象を持たれているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤフオク! バンダイ製 マツダ オート三輪

歯列矯正やオーラルケアについて書くつもりだった当ブログでは、半年以上使用して

きた上で紹介したい物は約10点ありますがまだ一つも書けていません。当面は文章を

書くことや読みやすくレイアウトすることに慣れようと考えています。

 

 

その一環として好きなブリキ製ミニカーのオークションを取りあげ始めたのですが

もっと早くからやっておけば利用しやすい過去の相場記録になったのにと思いました。

今回はもはや日本のウェブオークション界では不動の定番となったヤフオク!から

一台ご紹介です。

 

 

page.auctions.yahoo.co.jp

 

フクロウのような顔つきが特徴のCLY71型です。  メーカーの表記がありませんが

バンダイです。荷台の幌付き仕様や日通仕様などのバリエーションがあります。

画像で判断する限りかなりの上物で、しかも箱と説明書まであります。これだけきれい

な状態で残っている箱も珍しく、私なら出品者にリプロ(複製品)の可能性をお尋ねしますね。

 

 

もし、当時のタグまで揃っていたなら15万円以上の落札価格が出ても不思議では

ありません。箱付きの極上品は数年前なら平気で20万円を超えていたものです。ブリキ

の王様と呼ばれるマルサン製のキャデラックより高値を付けていたわけです。

 

今回はどのような結果になるでしょうか? 私も手に入れたいのはやまやまですが、

トラックなどの商用車シリーズまで手を広げるのは経済的にムリですので野次馬が

精々というところです(苦笑)。

 

(2017/07/19 オークション結果追記)

f:id:automobiliagraphic:20170719235948j:plain

 

箱&説明書付属で10万円切るとは…。不景気真っただ中の相場は本当に高かったのに

回復期にあるはずの今が何故安いのか?

たんなる継続は偏重なり。

情報過多が返って情報弱者情報格差を生む時代に

少し前まではちゃんとネット検索しない人達に「情弱乙www」

なんて言葉が投げられてましたね。

今ではどうなんでしょう、「私は情強だ!」などと誰も言えないのでは?

 

 

明日以降も来年以降もさらに情報は今まで以上に早いスピードで流れてきて

増えつづけていきます。

 

 

そんな生活を送る中でもう一段階、発信側と受信側に

大幅な進歩が必要だよなと年始からずっと考えています。

その手段には必ずしも高度で洗練されたシステムが必要だとは

思わないのです。

 

 

頭の中にどれだけの情報量が詰め込まれているか、ではなく

どれだけ身についているか、その人の負担を軽減しているか。

 

 

そこを基準にしたサービスが求められていると思考を巡らせています。

 

 

継続は力なり。効率追求はより力なり。

平易な言葉ですぐ読めて、何かしらヒントとなるように

インターネット初期はマニアが他のマニアの存在を探し合うために

www.○○○○とアドレスを入力しなければなりませんでした。

アドレスは雑誌や趣味を共有する知人などから教えてもらうのです。

 

 

検索エンジンが登場したり、接続環境が著しく向上してからは

キーワード検索でいくらでも探せるようになりましたね。

 

 

その時代では利用者の好奇心や探究心がガソリンのように

機能しますから、発信側はただ自分の知識や経験を気ままに

流せばよかったわけです。

 

 

でも、今日ほどの情報量ともなればネットサーフィン(死語です)は

拷問の一種ではないかと思ってしまいます。

まとめサイトが繁栄していることからもユーザーは

「とても追いきれない!」とお手上げに近い状況と言えます。

 

 

スマートフォンの普及も情報を追いきれない原因の一つですよね。

画面が小さいので根気よく探していけないのです。

 

 

Twitterやインスタグラムと言ったシンプルな SNS の大ヒットしたのも

多すぎるインターネット情報と小さな画面が勝因だったと考えられます。

あ、フェイクニュースが広まりやすいのもね。

 

 

継続は力なり。慣れるまでタイヘンなり。

書き続けていくというのは...

大変な労力を要する作業ですね、更新を続けていくというのは。

ブロガーは一種の芸人だと思うようになりました。

知力体力と時間の配分をよく考慮しないと疲労ばかりで身になりません。

 

 

某歌舞伎役者がオフィシャルブログを開設した時に

なんとなく覗いてみましたが、

 

 

「おはようございます。今起きました、顔洗って朝ごはんです」

で1回目アップ。

 

 

「ご飯食べ終わってお茶を飲んでます。着替えたら出発です」

で2回目のアップ。

 

 

「着替えて迎えの車を待っています」で3回目。

「目的地に着きました。これから打ち合わせです」の4回目…。

大げさに書きましたがこんな調子で一日に何度も更新するのです。

 

 

何だこれは??こんなんでいいのか?Twitter代わり?と思いますが

有名人で注目度が高いのだからアリなんでしょうね。

 

 

というわけで私も更新慣れ目的で本来のコンセプトを離れた内容を

繰り返しアップしてみることにしました。

 

 

よって練習用の雑記カテゴリは私の深呼吸用カテゴリですから

読み飛ばしてもらって結構ですよ。

 

 

では、これから顔を洗って朝ごはんです!