pika-pika-hamigakiのブログ

2017年歯列矯正スタート。オーラルケアや趣味のミニカーや読書についても。

より読みやすくするために

見やすさと情報量はトレードオフ

一日一回の更新を心掛けているナルディです。

 

ブログそのものは過去にも数度作ったことがあるのですが

どれも関心の対象についてただ書き残したいと思っていただけで

発見してくれた人がどう受け止めているかは想像してもいませんでした。

 

私としては文章の推敲はしっかり行い、また貼り付ける画像についても

慎重に選択したうえで、軽くフィルターを通すなどして見映えには

気を使っていたつもりです。

 

 

久々に登録した新ブログでは読んでくれた人の役に立つことを

1ページ内に一言でも、( いや一言だけにしようか…)

記していくというテーマを初めて持っています。

 

 

とは言うものの書き進めていくうちに悩みが生じてきました。

それは好きで書いていた時には気付いてなかった点なのです。

 

 

筆がのるほどに読みにくくなっていく…

 

できるだけ文字数は少なく、短時間で読者の生活上のヒントになる

アイテムや言葉をと書き進めていくのですが出来上がったページは

どうにもパッパッと読んでいく気持ちにならない?

 

 

まだ文字数が多いのか?あまり縦に長いページ構成も面倒だ。

たった一つの記事に時間を取らせるのは申し訳ない。

 

 

 改めて私が読みやすいと思っていたページを再チェックしてみます。

そして簡単ながらも見逃しがちなあることを発見しました。

 

 

1回のスクロールで動くページの移動量と文字量を合わせる

 

貴方が情報収集目的でここへアクセスした場合は恐らくさっさと

マウスや指で画面をスクロールさせていると思います

(逆にじっくり調べたいと思う時はゆっくりスクロールさせているはずです)。

 

 

その「さっさ」のコンマ何秒でしょうね、の時間内に目と頭に入る文字数に

抑えればページは縦に長くとも読みにくいと判断しないのです。

 

 

その記事が読みやすいか読みにくいかは、スクロールのスピードやリズムと

合っているかどうかなのです。文字数ではないのです。

ここに気付いて私は変更点として、「行間を空けるなら二行分空けてみる」

を採用してみました。

 

 

どんな私のブログはどんな印象を持たれているのでしょうか?